修理店の人に見られてもいいように…。iphoneの設定をリセットしておく

パスコードは細かい動作確認を行うために必要

iphoneに見られたくないデータが入っているときは、修理へ出す前に設定をリセットしておくのもおすすめです。店員さんが意図的にデータを見ることはないですが、修理過程でどうしても目に入ってしまうことはあります。カメラが故障していた場合など、修理後の動作確認で画像フォルダにアクセスしなければならないケースもあるからです。業務で得た情報は持ち帰りや公開が禁止されているので、もしデータが見られたとしても外部に流出することはまずありません。お店によっては細かい動作確認を行うためにパスコードを聞かれることもあります。パスコードをかけたままでも修理を受け付けてくれるお店もありますが、受取時に自分で動作確認をしなければならないので注意しておきましょう。

普段からデータを整理しておく

iphoneのソフトウェアに異常がある場合は修理の際にデータが初期化されます。電源が入らないなど、設定をリセットできないときはそのまま持ち込むしかありません。端末の故障は突然起きることもあるので、店員さんに見られてもいいように普段からデータを整理しておくことも大切です。見られたくないデータは奥側のフォルダに移動したり、クラウドなど外部のストレージに移しておくのも良いでしょう。動作確認で目に入りやすいのは手前にある新しいデータなので、内容を把握していれば慌てる心配もありません。設定のリセットはあくまで最終手段として考えておきましょう。データを見られてもいいという方はわざわざ設定をリセットする必要もありません。

iphone修理を上野とは、iphoneの修理を上野周辺にある修理店で依頼することです。正規店・非正規店と修理を請け負う店は多数存在しています。