忘れずにやっておこう。バックアップのとりかた。

iCloudを使ったバックアップ作成方法

iphoneをどれだけ注意をして使っていても落下や水没の危険性はゼロにはなりません。不幸にもそのような目にあってしまった場合は修理に出すことになりますが、スムーズに修理してもらうためにはいくつか事前にやっておくべきことがあります。その一つはバックアップを取っておくことです。方法はiCloudとiTunesのどちらかを使用します。iCloudの場合は設定、ユーザー名の順に進みiCloudの項目をタップしてください。そうするとiCloud バックアップという項目が出るのでそれ選び、今すぐバックアップを作成をタップします。終了までネットワーク接続が切れないように注意してください。最後に今すぐバックアップを作成の項目の下に作られるバックアップの作成日時を確認して問題がなければ完了です。

iTunesを使ったバックアップ作成方法

まず最初にバックアップを取る前にiTunesが最新バージョンであることを確認してください。確認が取れたらiTunesを開き、パソコンにiphoneを接続します。パスコードの入力やこのコンピュータを信頼しますか?というメッセージが出るのでその指示に従い進めてください。デバイスの選択が表示されたらiphoneを選びます。次にバックアップの暗号化をするかどうか選ぶ項目があるので必要ならばそこにチェックを入れてください。今すぐバックアップをクリックすると処理が開始されます。最後に最新のバックアップの日時に間違いがないかを確認して終了になります。バックアップの取り方は自分のやりやすい方法でよいのですが、万全を期すならばiCloudとiTunesの両方を使用しておくとより安心できます。

iphoneの修理を渋谷で行うメリットは修理のスピードです。店舗数が多くスピードを売りにした修理業社も多いので急いでいる方も安心です。中には、ガラス交換やバッテリー交換を数分程度で済ませてくれる業社もあります。