iphoneを落としてガラス面が割れてしまった、水没させてしまった、など、使っていればアクシデントはつきものです。毎日使うものなので、こうなってしまうと焦りますよね。なるべく早く元通りに直したいものです。ここでは、iphoneを修理に出すときの比較のポイントを紹介します。

修理店による違い

iphoneの修理をしてくれる所はたくさんあります。早く直したい気持ちはわかりますが、安心して出せるところを選びたいですよね。メーカーの保証に入っていれば、保証期間内かどうかをまず確認してください。ここでは、修理店選びでチェックするポイントを見てみましょう。

修理料金を比較してみよう。

iphoneが壊れてしまった。とりあえず、修理に出さないと考えた時に気になるのはやはり修理料金。そこで、正規店と非正規店の修理料金を比べてみましょう。まず、一番安いのは保証サービスに入っている場合…

» Read More

修理期間はどれくらいかかるの?

iphoneを修理する場合、どこに依頼するのかで、修理にかかる期間も変わって来ます。一般的に、店舗数が少ない正規店では、予約も取りにくく、修理には時間を要する傾向が強いと言えます。反対に、非正規店…

» Read More

画面が割れた際のiphoneの修理

iphoneを落としてしまい、画面が割れた場合はそのままでも使用はできます。しかし、やはり気になるものです。iphoneの修理にかかる費用は様々ですので、検討している人は複数の修理会社を調べることをオススメします。

修理後の保証は、修理店によって違う?

保証期間はお店によって異なる

iphone修理を修理の専門店に出した時には、その後に保証期間を設けていることがほとんどですが、その長さはお店によって大きく異なっています。1ヶ月保証ということも有れば3ヶ月保証ということもあり、長さにはかなりの違いが有りますから、修理の前に確認をしておくことが大切です。保証期間内であれば修理をした場所に対して何か不具合があった時には無償で対応に当たってもらうことが可能となります。iphone修理では直した後に不具合が出ることは稀ですが、万が一修理箇所にトラブルが生じた際に、お店側で対応に当たれるようにするためにこうした期間を設けています。もちろん直した箇所と別の部分が壊れてしまった場合には実費がかかりますので、全ての箇所に適用されるわけではありません。

ユーザー原因の故障の場合には実費が必要

iphone修理では修理をし終えたあとの保証期間の中で、普通の使い方をして壊れてしまった場合には無償修理の対象となりますが、ユーザー側の過失が原因で壊れてしまった場合には保証を受けることができません。例えば乱暴に扱っていて壊してしまったという場合や、ガラスの割れの場合には落下させることでまた割ってしまった時には、ユーザー側に故障させた原因が有りますので、お店側には責任はありません。この場合再び実費を支払って修理依頼することになりますから、iphoneの修理業者の保証は全ての故障に対して対応しているわけではないことを知っておきましょう。もちろん通常利用をしていて再び壊れてしまった場合には保証の適用となりますから問題なく無償修理してくれます。

修理に出す前にやるべきこと

どの修理店に出す前にも、注意するべきことがあります。修理前に、iphoneが操作できる状態であれば、バックアップを取っておきましょう。もちろん、壊れてできないことは仕方がありませんが、可能なことはやっておきましょう。

忘れずにやっておこう。バックアップのとりかた。

iphoneをどれだけ注意をして使っていても落下や水没の危険性はゼロにはなりません。不幸にもそのような目にあってしまった場合は修理に出すことになりますが、スムーズに修理してもらうためにはいくつか事…

» Read More

「iPhone を探す」をオフにする。

iPhoneを水没させたり、アプリを起動させることが不可能になったりして、不自由な思いをすることはよくあります。そのような場合には、ただちにiPhoneの修理を依頼しましょう。専門の業者ならば、安…

» Read More

修理店の人に見られてもいいように…。iphoneの設定をリセットしておく

iphoneに見られたくないデータが入っているときは、修理へ出す前に設定をリセットしておくのもおすすめです。店員さんが意図的にデータを見ることはないですが、修理過程でどうしても目に入ってしまうこと…

» Read More